to top   to annai   to humiato

---

2020(令和2)年 9月 1日   第5-207号
   

      会報「ふみあと」  totoカラー横縮小
 



**************************

主な内容 -1-2 はページNO

*-1-行事予定  *-2-例会 *-3-連絡紹介、・他 *-5-行事記録 *-6-報告:A会員情報・

* 10ニュース:カモシカ 熱中症予防 *11ひとりごと(回想)

1 山行・行事等の計画

(1) 山行・行事計画(9月・10月)   ?は不確定

8月30日(日) 滑床 沢歩き 参加予定者 18名    報告は来月

 9月6日(日)・26(土)クライミング教室、大洲青少年交流の家

 9月10日(木)姫鶴平〜けやき平〜大野ケ原  明浜 参加予定者 19名

 9月27日(日)宇和島市青年会議所 三本杭登山案内 予備日10月4日

10月1(木)・2日(金)鶴見岳・由布岳 (2回目) 明浜 

  1日目 鶴見岳はロープウエイ  湯布院散策・・・七色の風(泊)・・

  2日目 由布岳登山・・下山後 別府(明礬温泉?)

〔西予市の県外自粛の通達もあり、県内の山(1日)に変更予定です〕

10月4日(日)市民登山大会

10月11日(日)・25(日)クライミング教室、大洲青少年交流の家

1028日(水)?平家平・・・場所変更予定   明浜

   中七番(住友林業フォーレストハウス)標高900m〜平家平(1693m)

11月15日(日)高研山(1055) 岳連ハイキング

1118日(水)滑床渓谷 滝めぐり  明浜

滑床万年橋〜雪輪の滝〜大嵒の滝〜大階子の滝〜霧が滝・・・紅葉を目指して

※ 上記の計画をしていますが、コロナの関係で、どうなるか不明です。

  

移動ウオール  

7月26日〜・・・玉津小学校 利用は8月末より

9月28日〜 御槙小学校

11月9日〜 畑地小学校

12月14日〜北灘小学校

 ≪上記の他、その時々でクラブ員個々による山行・イベントがあります≫

(2)月例会 《令和2 開催予告》

期日  9月 8日(火)  19:30〜  

場所: 宇和島市スポーツ交流センター 会議室

   月例会 行事・山行報告・・・行事予定・連絡その他

  次回の月例会 10月 6日(火)

2.会 議  期日 令和2年8月4日()   

 参加者  有田 河野 豊田 中島 西田 橋本 藤岡 前田(伊東) 9名

広域スポーツセンターより 伊東主任指導員 来席

えひめスポーツ協会から「ACP(アクティブチャイルドプログラム)を活用した運

動遊び促進事業」・・・通知文書は 会報「ふみあと」8月 参照

期間 9月1日〜12月31日 裏面参照  

ボルダリング普及活動では、活動をいつも見させていただきながら、設置や撤去の

お手伝いをされている方々に、交通費等を出せる方法はないか考えていました。そん

な時に、えひめスポーツ協会から「ACP(アクティブチャイルドプログラム)を活用

した運動遊び促進事業」という話をいただきました。うまくいけば、9月から予定され

ている3回のボルダリング普及活動における交通費やスタッフ謝金を

出すことができそうです。

この事業の申し込みは、うわじまアウトドアクラブと愛媛県スポーツ協会で進めて

いただかなければなりませんが、申込の作業等を広域スポーツセンターで支援でき

ます。

クラブとしての対応(早急に)

 申し込み締め切り・・・8月17日(月)までに愛媛県スポーツ協会へ

 ◎実施可能事業・・・ @小学校におけるボルタリング普及事業

           Aキッズ クライミング教室  

 ◎事務担当者・・・・ 島田 重徳 

1 行事・ 山行・クライミング 報告          

クライミング・・・会報参照

登山 有田より・・・会報参照

2 クラブ関連

(1)クライミング関連

@ 大洲青少年交流の家 クライミング教室 再開しました。

 8月16日(日) 8月23日(日) 

 A クライミング部

    移動ウオール 7/26設置 吉田玉津小学校 利用は8月末より

9月28日〜 御槙小学校 11月9日〜 畑地小学校

12月14日〜北灘小学校

(2) 登山部 

 山の日 岳連 石鎚山系 土小屋〜伊吹山 77名(子ども34名 大人43名)

  宇和島から10名参加で申し込んでいましたが、人数オーバーでキャンセルの

要請があり仕方なく承諾。別行動として岩黒山へ

 8月30日(日) 滑床 沢歩き・・ 有田

 岳連・県関係・その他 

(1) ACP関連・・・裏面に

(2) 愛媛県スポーツ医科学センター設立・・

スポーツ医科学の専門家を派遣する窓口です。

(3)  スポーツ指導者研修会・・・指導者全員に連絡書が配布されています。

 第1回 114日(土)テクノプラザ愛媛 

 第2回 2月7日(土)松山市コミセン 

 その他

 (1)山岳会50周年へ向けて・・・執筆をお願いします。詳細は後日例会に

 (2)熱中症の注意を・・・会報に

 (3)スポーツ交流センタークライミング場の入り口に登山関係の本を置いていま

す。参考にしてください。

情報交換 

 次回の例会 令和2年 9月8日(火) 19:30〜  

   場所:スポーツ交流センター 会議室・・ 

  予定日:10月6日(火) 11月3日(火) 12月8日(火)

【山行・行事】等 予報

(1) クライミング教室の開催 (大洲)

会 場:国立大洲青少年交流の家 クライミング会場(体育館東側)

「国立大洲青少年交流の家」のご協力をいただき、その施設を使用しての教室です。

 対 象:子どもから成人まで 一般対象 

7月〜11月、愛媛県スポーツ振興会による「地域スポーツ普及事業」として開催

開催日:令和2年度 月6日(日) 9月26日(土)  10月11日(日) 

10月25日(日) 11月7日(日) 11月29日(日) 12月6日(日) 
 1月10日(日)月14日(日) 3月14日(日) 

  注:10月は大洲青少年交流の家の行事で変更になる可能性あり 

 注:日程及び時程の変更がありますので下記へ確認ください。雨天のときは中止。 

日 程: 09:50受付   10:00準備体操   10:20〜体験教室12:30 片付け  

13:00 閉会・・・その時の状況により変更あり。

注:日程及び時程の変更がありますので下記へ確認ください。雨天のときは中止です。 

申し込み・ ◎ 有田信彦  п@0895-58-4639  e-メール  hkymq280@ybb.ne.jp

 (問合せ先)住 所 〒798-1105 三間町是能1477-65  ◎主担当として実施

 携行品等 運動(クライミング)のできる服装 シューズは会場にもあり〕

大洲青少年交流の家 電話 0893-24-5175  Eメール:ozu-hp@niye.go.jp

 

 

 

(2)四国カルスト【姫鶴平・けやき平】 要項    明浜町教育課 

 四国カルストは日本の三大カルスト
(他は秋吉台・平尾台)の一つで延長25km、

標高1000m〜1400mで、標高では

最高地点にあります。そのほぼ中央に位置する姫

鶴(めづる)平に下車。ここには宿泊施設「姫鶴

荘」があり、観光客などの散策する姿も見えます。 






近くには大きな風車が二基あって勢いよく回っ

ていて、天気がよければ展望もよく高原歩きが楽

しめます。けやき平へは放牧された牛が屯してい

る、牧草地の中の舗装された1.5kmほどの車

道を愛媛県側に下り、けやき平入り口は乗用車で

あれば数台の駐車場があります。ここより遊歩

道2kmを往復することになります。途中に湧

き水もあり、喉を潤すこともできます。コースは

起伏の少ない、ほぼ平坦な道で紅葉も始まって

いるかと思います。往復4時間程度のハイキン

グです。その終点には、林野庁の「森の巨人たち

100選」に選ばれた樹齢推定600年高さ

30mのトチノキ。「猪伏の大トチ」とも呼ばれ

ているがあります。

 帰途、源氏が駄場に登り、ポニー牧場で休憩です。

2 期 日  令和2年 910日(

4 日程(時程)

 06:30 明浜町高山 発              12:00 姫鶴平展望所で昼食 13:00 

07:10  宇和町            13:30  源氏が駄場 

09:00   姫鶴平 登山行動        14:30  大野ヶ原 小松池 

09:40  けやき平入り口             15:00  大野ヶ原 発

10:30  けやき平 猪伏の栃の木     17:20  宇和町  17:50 明浜町

         実行動   3〜4

5 携行品  弁当 水筒 行動食 雨具(折り畳み傘)帽子 軍手 防寒着

服 装 長袖シャツ 長ズボン 靴は軽登山靴が望ましい。雨具など

7 申込みなど  西予市明浜町高山 明浜町教育課(三好)

電話 0894−64−1291 ※8月20日で締め切りました。19名

(3)9月27日(日)宇和島市青年会議所の登山研修

  10月4日の予定が変更・・当日雨天の場合4日なります。

 この時期、キオンの黄色い花が見られます。

10月4日の市民登山教室もホボ同じコースです 

予定コース 往路

09:00鹿のコル(林道歩き30分)市街と宇和海の展望・・大久保山・八面山の山容〜

09:30猪のコル下方の鉄はしご(5m)〜09:50猪のコル・・移り替わる山容を観察〜

10:20大久保山・・360度の展望を楽しんでください〜1040八面山・・高知県との境

(右前方向は黒尊の谷)〜11:20熊のコル〜11:50三本杭たるみ〜12:00三本杭

予定コース 復路

13:00三本杭〜13:40熊のコル〜八面山下方の道〜大久保山下方の道〜14:20猪のコル

14:50鬼が城山頂〜15:20鹿のコル・・・15:40 鹿のコル発

  ***************************************************************

行事・山行記録 *印報告あり

8月 4日(火)山高神社 祭礼・・権現山

 コロナの3密確保が難しいため、今年は中止です

8月 4日(火) 月例会 宇和島スポーツ交流センター

  広域スポーツセンターより 伊東主任指導員来席

8月10日(月)岳連 環境啓発親子登山 伊吹山・・木山 藤村

8月10日(月)山岳会・岩黒山 児童生徒7名 大人5名 計12名

8月16日(日):23(日)クライミング教室:大洲青少年交流の家

729  奥の尾根から奥俣の沢登り  有田、藤堂、本山、藤岡 4人 

730  奥の尾根から二の俣、熊のコル、鹿のコル 有田、宮崎、藤堂、藤岡 4人 

83   奥の尾根から一の俣、途中支流へ  有田、岩橋、宮崎、藤堂、藤岡 5人 

85   奥の尾根から一の俣、途中支流へ  有田、宮崎、藤堂、本山、藤岡 5人 

87   滑床から三の俣、白崖尾根経由して滑床へ  有田、宮崎、藤堂、藤岡 4人 

810  山の日、石鎚山系岩黒山へ 

   小学2年生から中学3年生の7人、有田、橋本、藤堂、木野本、藤岡5人

812 滑床渓谷 出合い滑、富士滑 川遊び 子ども17人、大人7人、

有田、藤堂、藤岡 計27

813 雪輪の滝から大くらの滝まで雪輪沢 有田、多田、宮崎、藤堂、藤岡 5人 

815 奥の尾根から奥俣の沢登り有田、宮崎、藤堂、木元さん、田村さん、藤岡 6人 

818   筒上山、手箱山        有田、前田、藤堂、藤岡 4人 

822   8/30の沢登りの下見山行   有田、藤堂、藤岡 3人 

824   天狗高原、黒森山、大引割   有田、前田、岩橋、藤堂、藤岡 5人

826   滑床渓谷 出合い滑、三筋の滝 川遊び 子ども3人、大人1人、

有田、藤堂、藤岡 計7

828    登山道整備 奥千畳〜熊のコル 3人

大洲クライミング教室

816  参加人数 子ども15人、大人15人、会員5人   計35人

823  参加人数 子ども5人、大学生1人、大人7人、会員3人  計16人

センター、担当延べ人数  13人

830の沢登り、参加予定者19人で、安全第一に行いたいと思っています。

5 行事など 実施報告 

(1)クライミング関連 

@ 816、大洲スポーツクライミング教室があり、子ども15人、大人15人と会員5

(有田、馬越、安部田、安部田、藤岡)、計35人の参加でした。

久しぶりの参加だった中学生は、思うように動けない…けど、大洲の壁は面白い!と。

いつも家族で参加される5歳、3歳の女の子達が、ナチュラルも使って上って行く後

ろ姿には驚かされます。大洲の壁

は壁の凸凹(ナチュラル)があり、

ホールドと同じように使ってい

いのです。と言っても、なかなか使えません……

そこが、大洲青少年交流の家の壁

の特徴で、面白いところです❣

クライミングの後は、この季節に

はいつも持って来て下さる自家

製の西瓜をいただきました🍉

 美味しかったその後は肱川に

移動し、友人のはからいで、川遊

びやカヌーやカヤックに乗る体験が出来ました\(^o^)/ 良い夏休みです〜


 

A 823、国立大洲青少年の家で、子ども5人、大学生1人、大人7人、会員3人、

16人の参加でクライミング教室がありました。

ボルダリングはしているが、クライミングはほとんど

経験のないお2人が来られ、クライミングの面白さを

しっかりわかって貰ったことは嬉しいことです。

また、このクライミング教室の日に休みをとって、度々

参加してくれる方、リードに燃えている小学3年生、頼もしい‼

また、中学、高校の時参加してくれていた子が、大学生

に! 帰郷したとのことで顔を見せてくれました。さすが、軽

く登っていきました。...

小学1年生の女の子は、高いとこは恐い!と言いながらも少ー

しずつ上に行き、78回目にとうとうトップまで行きました。

そんなこんなで、写真を撮り忘れ、片付け後の写真です〜

 

B 今度オープンする津島の児童館にもボルダースペースが

出来るそうで、河野君と橋本でルートセットに行ってきました。

ここから世界に羽ばたくクライマーが育つかも..








 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆、屋外、自然(2) 今日は山の日 8月10日 藤村
@ 愛媛山岳連盟の恒例行事「親子登山」があり手伝い

に行った。
台風の影響で土小屋付近は風が強く雨も降って・・・寒

い・・・それでも子供たちは元気で伊吹山に向けて歩

く・・・よさこい峠まで行ったとき更に風や雨が強くな

り登頂は諦めて・・・自然学校の先生がサンショウウオ

を見つけて見せてくれた。皆さんお疲れ様でした。

 

A 画像に含まれている可能性があるもの:1人、立っている、子供、木、植物、屋外、自然、、「岩 K 山 1746m」というテキスト810山の日、小学2年生から中学3年生の7人

と、大人5人が、土小屋からの直登コースで石鎚山系

岩黒山を往復しました。思ったより早く天候が崩れ小

雨の中出発し、途中結構風雨が増してきて、下山時は

強い風に見舞われた山行でした。

1組の母子は登山初挑戦でしたのに風雨の洗礼を受

け、石鎚山系を見渡して貰えず、残念ではありました

が、このような機会は、作ろうとして作れるものでは

なく、この体験からしっかり学んで欲しいな!と思いました。
また、これをスタートに山好きの仲間が増えることを期待しています〜

 

B 山の日当日、筒上山〜岩黒山
三昔前の正月、滝谷の出合いで風雪にフードを被って準備に入ると他のパーティから、

「ご兄弟ですか?エッ従兄弟さん?マサカ親子」と動きが協調できているからと問わ

れた仲間でさえ、今では携帯電話で話が通じず行き違いの一人旅😅  木山

 

(3)830に宇和島山岳会が行う沢登りの下見山行に行ってきました。

822  3人で、

コースは、鹿のコルから林道を少し歩き、梅が成峠下から山道を滑床小屋に下りま

す。(1時間半)  小屋の下の沢で、沢たび(渓流タビ)に替え沢登りを始めます。

鼓岩、奥千畳、鉞渕を過ぎて、一の俣と奥俣の分岐から奥俣へ進みます。...
鹿のコルからの巻き道に出て、鹿のコルへ。(2時間)
昼食を摂ったり、沢で遊んだり、イシヅチサンショウウオの観察をしたりして5時間程の予定です。
今日は、雷の後、もう少しで鹿のコルという所で雨が降り始めました。
セキレイやヤマドリ、イシヅチサンショウウオも見ました。
参加希望の方はご連絡下さい。初級沢歩きです〜

鹿のコルからの巻き道に出て、鹿のコルへ。(2時

) 昼食を摂ったり、沢で遊んだり、イシヅチサ

ンショウウオの観察をしたりして5時間程の予定

です。今日は、雷の後、もう少しで鹿のコルとい

う所で雨が降り始めました。セキレイやヤマドリ、

イシヅチサンショウウオも見ました。

参加希望の方はご連絡下さい。初級沢歩きです〜



 

6 会員などの情報

826、夏休みがまもなく終わる〜子ども達と、すっ

かり川ガキに戻った昔の少年少女達で、雨に降らながら遊んできましたァ\(^o^)

大人たちが出来ることは、子ども達の体験のお手伝

い。そして、もちろん自分達が楽しむこと!

ツェルトを張り、温かい紅茶を作り、心身を暖めて、

また遊ぶ!

滑床渓谷の懐の深さに感謝しつつ。


 

8245人で晩夏の天狗高原へ。

天狗の森、黒滝山、大引割、姫鶴平経由で大野が

原を廻って帰ってきました。

この季節に訪れたのは初めてだったようで、こん

なに沢山の花に出逢ったことはありません。

ヤマホトトギスに、ヤマジノホトトギス……混乱

味です〜

大野が原では、名物のダイコンを買い、アイスク

リームをいただきました

 

818、お天気は良いし、筒上山にキレンゲショウ

マを見に行こう❣折角来たのだからと、先に手箱山

に向かったら、途中で思いがけず山のお花畑を見る

ことが出来ました。

帰り道に筒上山に登り、ぐるっと廻って6時間の行

程で、土小屋に帰ってきました。

いろいろなお花に出会い、写真に収めるのに忙しいこと……(^^;;... 
先日の山の日は、あいにくの雨でちっとも姿を見せなかった
石鎚山や瓶ヶ森がどこからも見えました\
(^o^)

 

815、鬼ヶ城山系、滑床渓谷の沢登りは初めての方

2名とわたし達6人で、鹿のコルから奥の尾根を下

りて奥俣の沢登りを楽しみました。

滑床渓谷の滑は独特のようで、驚いておられました。

小2と小5の孫に、イシヅチサンショウウオがいる

よと話したら、喜んでついて来て、アッチコッチ探

しながら歩いて、見つけて観察することが出来まし

た\(^o^)
午後は宇和島スポーツ交流センターで合流して、クライミングを楽しみました

..
                            

813、滑床の雪輪の滝から大くらの滝までの雪輪沢の沢登りに行きました。30m

ロープ2本で、途中から2人と3人に分かれて進み、13時に大くらの滝に着くまで

の2時間半、空腹も疲れも吹っ飛んでいました。

後半は、水を頭からしっかり浴びて……、その上は

大くらの滝直下の滝は中央のコースを初トライ!

登りきることが出来て、リードで登る若者Tさん

に感謝ですm(_ _)m

大くらの滝では、たくさんのイワタバコの花が迎

えてくれて、...

おにぎり;をほおばり…、楽しかった(怖さも、もちろんあ

り!の)沢登りを終えました。滑床P 10 時出発14時半帰着。 藤岡 有田

 

812、こども達の貴重な夏休みの一日、小学1年生から高校1年生までの17人と大

人10人が、滑床渓谷の出合い滑、富士滑で遊んでき

ました。
滑は滑り台になり、登ったり下りたり出来る大岩(

側でしっかりビレーをとってロープを垂らして貰っ

)があって、そこから飛び込んだり、遊び道具が無く

ても、次々に遊びが生まれていきます。直ぐに川に溶

け込む子、ちょっとおっかなびっくりの子、先輩を見

ていて、とうとう飛び込むことが出来た子……こども

はこどもから学ぶのですね。涼しくて、心地良くて、時間の経つのが早いこと。藤岡

 

87、滑床から三の俣に行きました。

万年橋、雪輪の滝、千畳敷まで歩き、ここから沢に入り、しばらく沢歩きをして、いよ

いよ三の俣へ。一の俣、二の俣と違い急坂で、危ない箇所ではロープを出して貰った

り、手に足のようなムーヴも使い……夢中で登りま

した。

沢の水がなくなって、今度は石ゴロゴロの急坂を登

り、リーダーの予定通りの白崖尾根の通称展望台の

上部に出ることが出来ました。いつもは上りに使う

白崖尾根を下り、5時間半の沢登りを終えました。

涼しいし、面白いし、下りた後の冷えた西瓜🍉

元気を取り戻し……まだまだ沢登りは続きそうで

す〜

疲れが出る頃に怪我をするからと、リーダーの、もう帰る時間!
の声に、渋々帰り支度。この素晴らしい自然の中で、また会いましょう

 

85、午前中に、一の俣から右の支流を登り、今日も

つぶらな瞳のイシヅチサンショウウオに会えました

鹿のコルに帰って、リーダーが育てた冷えた西瓜をし

みじみ味わいました。

午後はシニア•レディスクライミング教室があるので、

スポーツ交流センターに向かい、6人の大人にまじっ

て3人の小学生が参加してくれて、平均年齢がドーン

と下り、もっと楽しい教室になりました\(^o^)

 

83、この暑さの中、奥の尾根を下りて一の俣のゴル

ジュのある渓を登りました。

水量は先日より減っていましたが、天然のクーラー

の心地良さは何にも替え難く、自然に感謝しながら

歩きました。
この俣にもイシヅチサンショウウオがいて安心です。

下山後、気温24℃のカフェShikanoKoruにて、

先ず、リーダーが作って持ってきて下さった冷えた

小玉スイカにかぶりつき、...
次に温かいコーヒーみんなで美味しくいただきました。 藤岡 有田

83、風雨の先週は25kmの緩やかな助走を往復付

けたので、待望の梅雨明け宣言後の今週は夏山らしく

涼しい北壁登攀入り。

既に取り付いて10 m先行のお隣りさんは追い抜か

なきゃ〜と言いながら、わざわざなお奥へ。

仲間2人のお陰で66(ろっくン・ろ〜ラー)歳祝い、

道理で撮ってくれた写真はお尻姿ばかり  木山

 

 

730、すっかり沢登りに魅せられ、今日は二の

俣に行きました。

鹿のコルから奥の尾根を下りて、奥千畳まで沢下りをし、奥千畳から

二の俣を登り、熊のコ

ルから鹿のコルに5

時間程で戻って来ま

した。水の上をわたる

涼風に、下界の暑さ

を思いありがたさを噛みしめながら歩きました。

昨日の奥俣では会えなかったイシヅチサンショウウオを数匹見つけ、
             ホッとしました。
減ってはいるのかなァ⁈ 藤岡

 

729、4人で、今季初の沢登り、奥俣に行きました。

水量は多目で、ひんやりとして涼しいこと

幸せなひとときでした。

午後は宇和島スポーツ交流センターに移動

して、シニア•レディスクライミング教室に

参加し、それぞれにのぼりました💦

ちょうど、書かれた本(私のひとりごと第2

集山旅の記など)を、センターに寄贈するた

めにいらっしゃった西田先生が、クライミ

ング場に顔を見せて下さって、みんなで記

念撮影! 

先生の本は、センターのクライミング場前の本箱に置いています。

山行のお話など、今から山に行こう! と、思われている方も大いに参考になりますよ

7 ニュース(スポーツ・山岳)

(1) 北アルプス遭難相次ぐ 長野2人死亡

  長野県警は2日、北アルプスで遭難事故が相次ぎ、2人の死亡を確認し、2人が負

傷したと明らかにした。白岳山頂付近で66歳の男性が倒れているのを別の登山者が

発見。前穂高岳で52歳の女性が約200m滑落して頭を強く打って病院へ搬送され

たが死亡。槍ケ岳でクライミングをしていた男女が滑落、負傷した。

 

(2) 登山途中に遭難 松山の女性死亡 東温 白猪の滝近く 8.5愛媛

  7月31日に東温市から石墨山に向かい遭難した松山市の女性(77)を捜索し

ていたが、4日午前11時半ころ白猪の滝の滝つぼ近くの斜面で死亡しているのを発

見。目立った外傷などはなかった。・・・途中で道がわからなくなったとみられる。

8 【ひとりごと】     西田

県総体(登山)にトイレの難題 「汲み取り・和式」使い慣れず

「我慢し体調崩した」苦情受け高体連対応・・・

 HPにある方の投稿で、こんな新聞記事がでていた。我が家でも、孫たちの排泄をみ

ていたらなるほどな・・・との思いをした。小便をするのに便器にすがりつくようにく

っつき、他にこぼれないようにするのかもしれないが、もう少し離れてすればとの思

いもあった。畑につれて行った時、「小便がしたい、何処で・・・」「何処でもいいか

らしたら・・・景色を見ながら、気持ちがいいよ・・・」と。孫と一緒にシャーと出す

ことがあった。また待ちきれずに出すことも。

 シャワートイレの普及は平成になってからであり、丁度、今の高校生は小さな時か

らこれに慣れ親しんでおり、登山や自然界には縁が少なく、自然界で用を出す経験の

なかった方が多い。昔の汲み取り式の便所などを探そうにも身の周りには今は無くな

ってしまい、登山やハイキングなどで山小屋などに行かなければ見ることもできなく

なった。

 野原や畑で用をすることをしてない、現在の子どもは何かの時には困ったなと。

ある女性の方、家から少し離れた畑仕事にと言えば、トイレがないのでと躊躇すると

いうことを聞き、なるほど自然離れもついにここまで来たかと思ったことがあった。

急に用を足したくなって、「お花を摘みなさい・・・、キジ打ちに・・・」と言われ

てもどうしてよいかわからない。 女性の小便する姿・・・男性の大便 ・・、

 今の時代、こんなことを書くとお叱りを受けることになるが、やはり、人間も動物の

一種であるならば、もっと野性的に野原で用をする体験も必要になって来るのではな

かろうか。今ごろ、こんなことを言ったり、書くと、この人、頭がおかしいのじゃない

と言われそうだ。

 新聞のトイレの話の中に、野外活動や登山の時は、いつもスコップを持っていく・・・

という。用がしたくなったら、スコップで穴を掘り、そこへして、あと、土をかぶせて

おくという一節があった。

 自然界からだんだんと遠ざかっていくこども、大人も含めて、なんだか野性味が無

くなってきたなとの思いがして来てならない。ここらに自然環境から遠ざかっていく

原因が潜んでいるのではなかろうかとも。

 山小屋なども、自然保護の関連もあって、
トイレの施設に随分と気を使い、バイオ

式、乾燥式など考えられる方式を導入し
てきている。大きな穴を掘って一杯になると

次の穴というようにしてい

るところもあり、ま

だまだ汲み取り式が多く、

山の上から天秤棒で下して

いるところもあるようだ。

 ずっと以前、赤石山系(南

アルプス)の千枚小屋に宿

泊、日本一のトイレがあ

るとの触れ込みであった。

室外にある便所に行くと暗

くて、下方の横に小さな穴

が一つ開いていた。普通の

便所と変わりがないなと思

い、便器を跨いでしゃがん

だ。その小さな窓から朝焼

けの富士山が目に飛び込ん

できたのであった。